ステーションでオイル交換をしない理由

価格や商品の説明不足に対する不満が多いのが現状

見えづらいでしょうから、書き直しました。  省略。ステーションのオイル交換シェアは、かつて70%以上あったものが、94年には37.9%と 40%を割っており、ステーションのシェアは低下しているのが現状です。 「なぜ、ステーションでオイル交換をしないのか」の理由として、価格に対する不安、そして品揃えの 不足をあげています。 省略。お客様は、ステーションのオイル販売に対する不満として、”価格35.4%”、”説明不足 30.9%”をあげています。 これらの不安や不満は、価格表示(オイル代金と作業料金の分離など)や、オイルの種類についての 情報提供など、ステーションの対応が不十分な事によるものです。お客様に積極的に対応すれば、ステ ーションのオイル販売は大きな可能性を持っているといえます。(ジャパン・エナジーまとめ) ■ステーションのオイル交換に対する不満 価格   ・・・・・・・・・・・・・・・35.4% 説明不足 ・・・・・・・・・・・・・・30.9% 品質   ・・5% 品揃え  ・・4.7% その他  ・0.5% 無回答  ・・・・・・・・・・・・23.4% ※出典:93年、財団法人石油産業活性化センター 「自動車用潤滑油の流通構造変化に関する調査」 ■ステーションでオイル交換をしない理由(N=504 複数回答) 価格が高いのを知っている    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43.3% 車のことで相談できる店が他にある・・・・・・・・・・・・・・・・・33.1% 料金表示が無く不安       ・・・・・・・・・・・・・24.4% 価格が高いだろうと思う     ・・・・・・・・・・・・23.4% スタッフの技術力が信頼できない ・・・・・・・・・・19.2% 自分の指定したオイルが無い   ・・・・・・・・・18.3% 自分の車の純正オイルが無い   ・・・・・・・・・18.1% 商品を手にとって診たり出来ない ・・・・・・11.3% SSに不信感があるから(ガクーン)・・・・・9.9% なんとなく(なんじゃそりゃ)  ・・・・8.1% SSで勧められたことがないから  ・・・・7.9% 交換を頼みにくい雰囲気がある  ・・・6.3% その他             ・・・6.3% 交換のための施設が十分でないから・・5.4% 特になし            ・0.2% ※出典:93年8月、JOMO「モーターオイル・ユーザー調査」 元売様は、早くに気が付いていて、我々SSに常にこのような警鐘を鳴らしていたのですね。 オイルに限らず、油外の収益が上がらないのは、情報量不足が起因している事がこの例でわかりますね。 このホームページを見ているSS関係者、その他販売店にかかわる人たちにいいことを教えます。上記の結果をチェ ックリスト化して、自店の状態をチェックして、解決できていない部分を抽出します。そして、一つ一つつぶしてい くのです。そうして、チェックリストがすべて満たしたとき、貴方のお店のグレードはグーンとアップします。完璧。 あえて、発案があります。上記問題点をほとんど解決する方法がこのHP内に記述されています。”戻る”をクリック して、戻った先のページをよく読み進んでください。そしてそのお宝情報をしっかりとお持ち帰りください。
戻る

メールください。
Copyright (C)2001 FUEL SHOP SUZUKI Corporation. All Rights Reserved.