記事:集客システム 田邊 勇 
AKB48が売れた!AKBシングル売り上げ100万枚超えた!なぜ売れた?・・・筆者がうなるほどの売れる法則との一致を、秋元先生は行っていた。 ホームページ集客・音声セミナーの 集客システム
3年半、鳴かず飛ばずのAKB48。売れたのは「会いたかった」の5万枚。以外は2万枚のセールス続き。素晴らしいソース(ステージ、歌、個性)を持っていたのに解散説さえ流れた(いいものでも売れるとは限らない。)彼女らを救ったものは、、、(今や百数十万枚セールスばかり。)。


〜元は街の薬屋さんもスーパーダ○エーになった。売れる人も企業もアイドルも、
やるこたあ一緒〜

彼女たちを救ったもの・・・。

れは、AKBのファンですよ。

それは言わなくてもわかってることです。ファンあってのAKB、お客あっての店舗、それはそうです。しかし、このファンをたくさん作りこまないと、彼女らは疲弊し、心折れて断念、という事態になってしまうのです。

あえて焦点を当てない所をでここで書いておこうかと思います。例えば、握手券、例えば、特典付き云々付きCDとかです。あのままだったら、10年たってもヒットしなかったかもしれません(というか、私がこの売り方が好きじゃないからです。)。

この点については、答えを出してしまいます。彼女たちが売れた原因一番がそれとは主張したくないからです。また、彼女達のソース、ソフトにも言与しません。歌、ダンス、ステージ、全て一流という前提です。一流の人たちで作ったものですから。

売れない原因=わからないだけ。これにAKB48長くは悩んでいたに過ぎないのだと思います。昔の楽曲の方がいい曲も、、、というものもちらほら見受けられるからです。

AKB48商法(と言われている、揶揄されている売り方)にアドバイス

そもそもいるお客さんに特典をつけても、そんなに動かないんです(AKB48の、この売り方に嫌気がさしたレコード会社が撤退したという事実もあります。AKBがCDを出せなくなった時期があったんです。さらにお客さんを増やすためにやることではなく、売れてから、満足させるためにやることだと思いますよ。批判が先行しがちになるだけ、損です。)。

AKBに興味がない、深く知ろうとしない人に生写真や握手券が付いていても、邪魔なものになってしまうんですね。ファンにとっては垂涎の品も、興味のない人には半額でもいらないし”ただ”すらいらない、というものになってしまうんです。特典付きは、そんなに爆発的ヒットの要因は作れないと思います。でも、顧客満足度は上がるとは思います。

売ってる方も心苦しい部分、あるでしょ?

ここでは、あえてこの手法を排除した成功の仕方にスポットを当てます。



ここからが、売れたルールの説明


答えは、秋元先生の背中を見よ!です。成功のほとんどが、この方の行動と言動に詰まっていると思います(あっさんが卒業、中心メンバーも20歳代、数字も落ちてきた、思うような立場や結果を残せないメンバー、困ったときは、なでしこジャパン澤さんではないけども、秋元先生の背中を見よ!です。)。

秋元先生語録。
「一人のお客さんもよろこばせられないのに、百人、千人のお客さんを喜ばすことなどできない。」これ私、昔皆さんに話しましたでしょ?酷似しています。ホームページやメルマガ、チラシの文章に関連しています。

「幕の内弁当じゃダメ。」百貨店や大衆食堂がダメということと一緒です。大島優子は百貨店です。その名のとおり全て優秀。でも、前田敦子は。。。ということだと思いますよ。


びっきりに可愛い子や歌のうまい子、踊りの上手な子でも大ヒットどころか売れるとは限らない。いい商品、高品質、多機能な商品も、売れなかった例の方が多い。

必要なのは、流れる水のごとく流れ込む、買うお客さんをたどらせる道が必要。それは人工的無理やりに作った道よりも、自然にできていく道につなげる方が、売り手は楽だ、ということです。

AKB48はそれを(偶然か必然か)ちゃんと行ったんですね。
私は(売れるルール)10個ほど見つけましたので、、紹介します。

セミナーとしてCDにて販売しますので、知りたい方は必聴ですよ(税込10,500円)。講義内容はざっと以下に。


AKB48が爆発的に売れたのはなぜか?そのうちわかる、そのうちわかる、で売れたのか?それだったらアイドリングは・・・・?その法則はいたってシンプルなはずです。

アンサールールは”ルールAKB”ですが、ルールAKBはルールAとルールKの組み合わせとなります。

内容:

ルールAKB
(AKB48が国民的アイドルグループになったアンサールール)

「ルールA−1+ルールK−1=ファンが爆発的に増えていった。そして、ルールA−2なので、どんどん伝わりお客さんが増えていった。」からです。だけです。どんな内容かは、講義のお楽しみ。

・ルールA
(チームAにちなんで。前田敦子、高橋みなみ、麻里子様、小島陽菜、板野友美など、初期メンバー、中心メンバーが揃ったスターチーム。黄金チームだけに、ルールAは黄金ルールとなります。売り手は忘れてはいけないルールです。)

A−1
どんな売り方をしたか、がこの黄金ルールA−1です。このルールを使って(薬屋さん→スーパーダ○エー。鈴木石油店売り上げ→3倍に(たった2行の追加。)。水戸葬苑→受注率が高まった(たった数行の追加。)。飯島自転車店、タイヤサービスタチバナ、ロードサービス三条→黙ってお客が集まってくる。)様々な成功を導く売れる黄金ルール

私の知る人は、一言で1億数千万売り上げさせますからねえ・・・参るよねえ。。。1行2行追加で、うまくいった!なんぞまだまだなんですかねえ。
A−2.
人は(我知らず)、商品にのみ価値を見出す訳ではない。
価値を、モノにしか見いだせない人には見えてこないルール。モノの価値だけで(歌、踊り、女の子、商品力)売ろうとすると、「なかなか売れねえな〜。」の失望感。日本の企業はモノの価値を必死で追い続けている。しかし、これに価値を見出すと、売り手が「なぜ売れた?」という戸惑いのなか、あらぬタイミングで売れ始める
A−3.
売れる商品の見せ方、魅せ方?
たかみながいて、麻里子様がいて、あっちゃんがいるとします。どうすれば売れる見せ方になるかわかりますか?この見せ方をすると、商品が非常に際立ってきます。麻里子様やたかみな、あっさんもキラキラ輝いて、非常に心に残るんです。好きになりますよね。みなさんの商品もそうです、心に残り、好きになる見せ方、ちゃんとあるんですよ。エピソード:飲み屋の新人おねーちゃんにこの方法で二人の指名を取らせた。(小さっ。)


・ルールK
(チームKにちなんで。大島優子、秋元才加、宮沢佐江擁する、踊りと歌がパワフルな実力の高いチーム。いわゆる、行うに至っては(心とかコスト)パワーが必要なルールがあります。しかし、効果は絶大になることも。。。)

    

K−1.
有名なある事を行いましたよね。これを行うと、いいソースが見つかる、モチベーションが上がる、注目度が非常に上がる。宣伝力が高い。ガソリンスタンドもやってます。多くの業界が行っていることですね。
K−2.
答えは、特典付き販売を行った。
握手券、選挙権、生写真付きなど、たくさん握手をしたい人、たくさん選挙で投票したい人は何枚も買う。マニア向け販売。
K−3.
答えは、同一のものを少し違えて3種類ほど作り販売。
CDをタイプ毎にジャケット撮影し、3種類ぐらいずつ揃えて売った。マニアに向けた販売。1枚あればいいところ、マニア(コレクター)は3枚買う。


・ルールB
(チームBにちなんで。柏木由紀、渡辺麻友率いる、愛に満ちた、コミカルなチーム。AKBにとって非常に喜びを基準とした効果的なポジションなので、売り上げに効果的ルールとしてをまとめた。)
B−1.劇場の柱の存在の意味。(偶然的)効果。(戸賀崎支配人のぐぐたす投稿)

B−2.劇場、黄金のネームプレートの効果。

B−3.コンサート後の秋元先生からの発表。意味と効果。

B−4.
48なら48の○○。握手はどうですか?劇場でお会いしませんか?○○の数だけ、お客さんも増える。○○の説明。
 







秋元氏の語録の真意とは。。。

「一人のお客さんも喜ばせられないのに、百人、千人のお客さんを喜ばすことなどできない。」人への伝え方の姿勢として、私も共感し、昔から(このホームページも)こうしている、という内容です。

「幕の内弁当じゃあ、ダメ。」これは、
一点突破になれ、という意味で捉えていいと思います。全て優秀でも苦しいし、目立たなくなってしまう。百貨店や大衆食堂が減ってきているのを見ればわかります。減っているという事は、顧客の考え方からずれている、という事です。

幕の内弁当も優秀だが、売れ行きは大してすごくない。選びづらい商品になってしまう。何を行っても非常に優秀な大島優子に向けた秋元氏のアドバイス(多分)。AKB48グループが、前田敦子の一点突破性にかけてきた理由です。

ずいぶん昔に、輸入の自由化になった時、とある国内酒造メーカーが「こりゃあ、外国産のウイスキー、ワインに勝てん。。。」と、全てにおいて優秀な酒造りを放棄し、ワインもやめ、ウイスキーもやめて一個の商品に絞りました。商品どころか、時間、いつ飲ませるか、まで細分化し、ここなら、勝てる、売れるという考えに移行し、今や、世界の酒造メーカーになりました(詳細は本編で。)。

一点突破の考え方は、時としていろんな商品を並べて、ちょっとずつ儲けよう、という考えをはるかに凌駕します。世界の酒造メーカー、国民的アイドルも、それは一緒、ここなら勝てる、を見つけることです。歌も、踊りも、しゃべりも負けてる。女優業は、「ほかに素晴らしい人がいっぱいいるじゃないっすかあ。」ステージのセンターに一点集中し、オーラを放った前田敦子が国民的アイドルになったことはなぜだか納得いくのです(長くなってしまった)。


「努力は必ず報われます。努力し続けて報われないのだったら、、、他人のせいにしなさい。・・私(秋元)が悪い。」これは、、、極論ですが、、、名言。秋元さん自身、私も見抜けない、間違える、と正直に言ってます。素晴らしいです。現に、今やAKBの屋台骨である、たかみな(AKB以外)、篠田麻里子(一期)、まゆゆ(二期)、柏木由紀(二期・辞退?)、横山由依(SKE一期)は一度、()内オーディションで落とされてるんですよね。秋元さんに。

要は、売れない原因を自分の所為とばかり責めるな、と言いたいのだと思います。提案して来い、とか、ただ、俺たちはわからなかったんだから、努力が報われなかったではない、と。私が昔から言っている売れない一番の原因=分からない、わからなかった。に通じます。良質、商品力、宣伝力、努力で培ったもの(ステージ、歌唱力、ダンス、)それらの魅力はある。でも、伝わった?が問題。

具体的に表現し、話し(言葉にし)、伝える事が努力は必ず報われるに通じる道筋だと、とったほうが、努力が足りない自責にさいなまれないで済むんです。そう考えるべきでしょうね。

売れたのはなぜ?→伝えたから、伝わったから。応えたから。が一番でしょう。(かといって、やみくもなメディア露出や宣伝が功を奏するとは思いませんね。どうしたいのか、メンバーの具体性が見えない。好きになる理由不足かな。)

超一流の人はある部分、一流ぶってる人と違います。成功の答えは、超一流っぽくないことをしていたところに見つかります。秋元先生が大衆感が無かったら、AKB大成功は、無かったと思いますよ。


AKB48の売れるルールに反すること

これは、じゃんけん大会ですよね。イベント性として捉えるのはいいのかもしれませんが、売ることの観点からは、あまりいい試みに見えません。その理由を、また、店舗や企業がするべきことも説明します。

AKB48のセールスが苦しくなったとき

あることが起こります。今もそんな兆しですが、まだ苦しくなったが故に行っている段階ではないですね。マーケットが激化するとあることが起こります。ガソリンスタンド業界も葬儀業界も既に起こっています。それが頻繁に起こりますと、アイドル業界も厳しいかも、ということです。もし、アイドル業界が冷え込んだら、真っ先に倒れるのはAKBグループです。次はももいろクローバー?だと思います。あるいはモー娘。か。その理由をお話します。対策もね。

AKB48のアンチや、あなたの商品、サービスのクレーマーを極力なくす方法

かなり、批判する人がいなくなるはずです。たった一点心がければいいのですが、みなさんはすぐにできます。一般企業、ホテル業の方などは直ぐです。しかし、AKB48さんや前田さんなどの業界の方は常識を打ち破らないと出来かねる事とは思います。将来のことを考えて、覚えておくといいかもしれません。
ただし、ネット上の批判はなくならないかもしれません。本当のファン(消費者)ではない理由が見つかるからです。

AKB48が、2年早くヒットする方法

こうすれば、2年前、いやそれ以前にはミリオンどころか2ミリオン(200万枚)行ったかもしれません。どうしても逆になってしまう、この行為を、早く行っていれば、AKB48の旬の時代が、長引いたはずです。どうせ成功するのなら、あとは早いか遅いかの問題になります。最速の方法は、これと、もう一つの方法と言われております。これで成功した人は、私が知る限り一人しかいません。(偶然)実行した方もこの人だけです。今や伝説になっている人です。同業の方ですよ、AKB48の。

あ、ここで、坂本龍一さんがミリオンヒットしたもう一つのウラ理由。講義しておきますね。

AKB48の理想的メンバーとは

マスターオブAKBの大島優子にもできなかった事が出来て、随分このメンバーに運営側は助かったろうなぁ〜、と思いました。
以前講義した、開業するホテルの成功可否を、ホテル側の一言だけを聞いて「間違いなくそのホテルは成功する。」と断言した理由と一緒です。そのホテルは開業初日から満館で、大繁盛し、どんなに暇だといわれるいわゆる盆正月明けでも、7,80%の宿泊率です。数年たっても相変わらずの繁盛です。店舗経営者は、ここは重要だと思います

AKB48、みんな(メンバー)が売れながらもAKBも売れるようにする方法

一人一人は矮小です。前田敦子さんだけで15万枚セールスは取れるが、一人一人は。。。不安だと思います。一人一人が矮小ながら、こうすれば、AKB48メンバーそれぞれがあることを見つければ、非常に強いセールス力を持つことができます。難しいことではなく今の状況で考えればいいことです。これからのAKBのために、また、小さくても強くなりたいお店のために伝えたいおはなしです。

成功例:とある有名酒造メーカー。大御所演歌歌手。

ああ!!、、、このルールで成功した人、AKBにもう一人いた・・・。板野友美△。

注:△=三角形=さん、かっけー!(さん、カッコイイ)なんだって。

これを聞けば、世界のアイドルに!息の長〜いアイドルに。。。。
         世界に出る店舗に!息の長〜い商売に。。。。。

必ずや、あなたの気持ちや未来をを明瞭、明るく開かせる事となるでしょう!


それでは、内容やお話を聞きたい方のみ、こちらよりお問い合わせください

時間と交通費を割いて、わざわざ遠くへ行って受講するより、はるかに為になると思いますよ。簡単に結論してますから。また、すぐに行える内容ばかりです。

                          集客システム 田邊 勇

料セミナー
受講者募集!

「売れる事に、
業界という境界はなかった。」


ガソリンスタンドもタイヤ屋さんも、インターネットも葬儀業界も、アイドルも一緒。私にとってはお客さん、売れる人は同じ動き。
売れた原因を究明すれば、売る事に生かせる!(観える)明るい未来に向けて、今やる、すぐ出来る事を提供中。


第一日目 坂本龍一「エナジーフロー」ミリオンヒット(155万枚)の理由。坂本さんも「なぜだ?」「教授に教えたげます。」(16分24秒)

第二日目 AKBはどんなアイドル?あなたのお店はどんな店?ダイエーさんは?売る為の準備してますか?(16分27秒)

第三日目 あなたはどんなアイドル?お客の動きを仮説せよ。待ち構えて、ファンやお客を増やせ。(23分08秒)

第四日目 夢をかなえるには?流れ星にお願いしなさい。あっちゃんなら出来る、叶うはず。夢を持つ子の親御さんに聴いてほしいセミナー。(12分20秒)

第五日目 マーケットは無限大。足りてても、、潤い尽くしても尚売れる可能性を知れ!
カルピスのお話。(19分03秒)


受講希望者はこちらからお申し込みください。

尚、メールアドレスは 絶対非公開です。そこは安心してください。

お名前

メールアドレス



解除はこちらから




AKB48売れた法則
〜売れる人も企業もアイドルも、やるこたあ一緒〜:講義内容(税込10,500円)


1.ルールAKB
これが大正解という説明。各ルールの組合わせた結果のアンサールール。大ヒットの理由。

2.ルールA
売れる黄金ルールの説明。他は忘れても、これは忘れてはいけない。実績多数。
鈴木石油店 売上3倍。
水戸葬苑  受注率アップ。一介の薬屋さん→ダイエーに。

3.ルールK
売れるがやる気が必要?効果は絶大!が、批判も。。。

4.ルールB
売れる他”喜ばれる”など効果的な内容の説明。

秋元先生語録
非常に重要な事を簡潔に語っている事の説明。「幕の内弁当じゃダメ。」

付録:仮説・アドバイス集

・AKB48の売れるルールに反する事。

・AKB48が売れなくなる、苦しい兆しは、こうなるというお話。
例:葬儀業界、ガソリンスタンドもそうなりました。アイドルもそうなるはず。
アイドルに冬到来!真っ先に倒れるのはAKBさん。理由と対策。

・AKB48が2年、いや3年早くヒットする方法。

・AKB48のアンチをなくす方法、サービス、商品のクレーマーをなくす方法。

・AKB48の理想的なメンバーとは。真似れば楽々ファン拡大。

・AKB48メンバーも売れながら、AKB48も売れる今後のAKBの売り方提案。
成功例:
大御所演歌歌手が他の大御所演歌歌手よりも売れ、営業活動が楽だったろう。。。になった売り方。
弱小酒造メーカーは世界の酒造メーカーに。小さな衣料店が、他府県から訪れる店に(マーケットが広がった。)AKBでは板野△など。

AKB48売れた法則〜売れる人も企業もアイドルも、やるこたあ一緒〜:(税込10,500円)

詳しくはこのページの最後からお問い合わせください。



集客システム
(c) Copyright 2010 集客システム, Inc. All right reserved.