タイヤ販売・タイヤ価格設定をサポートするガソリンスタンド
ホームページ制作・インターネットビジネスのお話

でも、昔はだめだめホームページ制作者・だめだめインターネットビジネスでした・・・。



昨年の秋ぐらいでしたか。夕暮れ時に差し掛かる頃、電話がありました。私が偶然受けました。
「私、フジテレビ番組制作会社をしている××の○○と申しますが。」
「はあ。」
「あの、社長様いらっしゃいますでしょうか?」
「只今外出しておりますが、どういったご用件で?」
「実は、私どもでフジテレビの女子アナと見合いをする、という企画を進行中でして是非とも社長様
に参加していただきたく連絡した次第なんですが。」
「はあ!?」
タイヤ収益アップ!!
タイヤが売れる、人が
伸びる、元気が出る
特別メルマガ配信!!
登録後連日配信します。

登録した方だけが得を
する、更なる特典情報
が付いてくる!

尚、メールアドレスは
絶対非公開です。そこ
は安心してください。
お名前
メールアドレス



解除はこちらで!

 インターネット。私がこの世界を垣間見たのは今から、そう7年も前になりますでしょうか?
最初は感動しましたねえ。ソフトウェアは良く知ったつもりでいましたが、こんな華やかなもの
ではありませんでした。渋谷のビックカメラでコンパック製の30万するPCを買い込み、色々試
してみました。画像、色付きの文字、動く画像(アニメーション)、スライドショウ、BGM。
「こりゃあ、すげえや。」パソコン1台で今は(当時)こんないろいろな表現が出来るのだ、とし
みじみ時代の流れを感じ入りました。
「これは、いろんなことが実現可能なのではないか?」
私、先ずHTMLの勉強を始めました。言語を7つやってきた私には、何でもない内容で
1,2日で分かりました。それと、HTMLでは見た目つまらない表現しか出来なかったのでJAVA
という言語で出来たプログラムが実行できる環境があると知り、当初、自分で開発するつもりでい
ましたが、いまさら言語開発も甚だ労力を割かれ、結果、大した物も作れぬだろうと合点し、本に
添付してあった、JAVAアプレット(プログラム単位)を動かしてアニメーションしたものを作成し、
いっそそれを紙芝居みたいな内容にして、文字はだんだん浮かび上がってだんだん消える、音楽を
流し、その間画面上でアニメーションさせるといったものを有料で配ろうか、と思いました。
 当時、有料でホームページを閲覧、有料で物を提供しているサイトは、日本のサイトでは皆無
だったと思います。アメリカのアダルト向けサイトがクレジットカード決済でものすご〜いお宝を
披露してくれる以外で、あまり有料で物を売るというサイトは無かった様に思われます。
サンプルで一部を閲覧させ、気に入った方に有料でダウンロード提供する、という流れです。

結果は、・・・・全くと言っていいほど問合せ、ありませんでした。

「なんだ、なにがいけないんだぁ?」悩みましたねぇ。作品自体がちゃっちいのか?HPのデザインが
ダサいのか?料金の決済方法がいけないのか?(今の私には分かる。全部悪い!!)連日、自身のHP
と作品を見ながら、首を傾げるばかりです。実際、HPのデザインなどは、デザイナーの勉強などした
ことが無い技術者上がりの私が、きれいなもの作れるわけが無いのですが、せめて、メールなり来て
もいいのでは・・・と思いました。そこで、半分までの内容”無料提供”として問合せを待ちました。
・・・タダでも、それすら問合せが無い!
どーゆーことー?って感じです。もうこれは、作品自体が面白くないんだ。アニメーションがちゃちな
んだ、うーん、なんか無いのかぁ・・・FLASHアニメーションがあるじゃないか!
・・・横にタイムラン、時間経過とともに音や画像のイベントを発生させる。画像も、ピクセルでは無
くベクトルで意識付けされたのっぺりとしたきれいな画像で作れ、負担もありません。なるほど、JAVA
アプレットのアニメーションよりは、数段きれいでカッコいいのが作れました・・・が

またまた、無視され倒し!動きがあるのは、アクセスカウンターの数字だけ!がおー! 

南にDHTMLあると聞けば、マニュアルを買い込み、北にJavaScriptありと聞けば、必死に目を通し、中
央側(サーバー)で、処理するにはCGIと判れば、血眼になって勉強する。「なになに、それ、おしえ
てー!」もう、敏感この上なくなっていました。必死で、技術習得し、出来もしないのに無理強い
で綺麗なHPにしようとやっては見ました(作ってからわれながら噴き出したりしました。)、が、
何をしようがさっぱり無視されまくりです。出来上がるのは、アクセスカウンターのみ動いて
いるとおぼしき”だんまりホームページ”、もちろん何度も掲載依頼したヤフーにだって完全に
ずーとソデです。

「Tさんは、コンピューター詳しいでしょう。ホームページ作れるでしょう?儲かるんですかあ?」
とある若者に飲み屋で質問されました。内心、あ、そこきくかぁ?って思いましたが、平静を装い。
「まあ、ホームページで利益を上げるのは難しいと思ったほうがいいと思うよ。よほど綺麗に作れるか、
大きな企業で、信頼性がないと物が売れないよ。」などと、知ってもいない半可通ぶりを発揮します。
「はあ、そうなんですかぁ。」赤ら顔で得心しています。
「Tさん、ホームページ持ってるんでしょう?」ぐ、それを聞くな。
「うん、まあ、それなりのを・・・。」
「どんなことを載せてるんですかぁ?」
「えーと、自分の趣味の展開とか、ほら、小説好きだから、作家の紹介とか、くだらないよ。見ない
ほうがいいよ。」内心はらはらです。
「趣味って、アダルトじゃないですかぁ。くふふふ。」ははは・・・笑えないよ!嫌いじゃないけど
・・・。
「ホームページ入ったら、料金をせしめるようなページじゃないですか?作りそうですモン。ふふふ
ふ。」
「ははははは。」するか!笑えないんだよ!もう帰りたい。
・・・とまあ、こんな感じで、事あるごとにホームページに話頭が転じると、なにやらぐさーっと、
傷をえぐられる痛みが発して、勢い、復讐めいた恨み言を唱える始末です。儲からない、売れない、大
企業です、信頼性、デザイナー、綺麗な、という単語をぱっぱと線香花火のように開かせ、売れない理
由付けを、いろいろな人物に言い放っておりました。事実を歪曲に捉え、屈折させ、ホームページ世代
の若者に雑音を以って路頭に迷わせておりました。なんたるダメ先生でしょう。

・・・そうして、それから何年も、ホームページから遠ざかっていました。ホームページは大きな企業が
成功する、いわば信頼性が無いとダメ、綺麗に作らなければお客さんは来ない、アニメーションで見たも
のを楽しませる要素が無いとダメ、サービス(無料プレゼント、懸賞など)がしっかりしていないとダメ
などすべてに自分に無いものを並べ立て、それらを持っている人たちは成功する、自分には無いので失敗
した、と短絡的に捉えていました。
 そんな折でしょうか、社長鈴木から、タイヤが売れるためのノウハウを提供したいからホームページを
一緒に作ってほしい、という連絡をいただいたのは。
「いいよ、内容送って。作っとくから。」と、無作為な返事。ホームページぐらい(売れないけど)何ペー
ジでも作ります。はい。
「いや、それじゃダメ。会社に入ってもらって一緒に作ってもらいたい。」
「・・・・。」異様な力の入れようでした。

その時に出会った著書が2冊ありました。神田昌典氏と岩上誠氏の著書です。どちらも社長鈴木が見つけて
来たものですが、これには可也興奮し、目からうろこが落ちる思いとなりました。
前にも言ったように、私は技術上がりの人間で、売り買いにはまったく携わったことはありませんでした。
売れる様にするお店(商品)のメカニズムなど考えたことも、あるということさえ分からなかった人間です。
これには衝撃を受けました。餅は餅屋、マーケッターにはマーケッターというところでしょうか。
社長鈴木のノウハウを理解し、この二人の言を取り入れながら、私はHPを作りました。

ホームページを開設して約一ヶ月ほどしてでしょうか。ちらほらと問合せが来るようになりました!!
こんなこと生まれてはじめてです。うれしかったですねぇ。メールで、ホームページの内容に関する問合せ
を頂き、その要求に答えるてあげる。そんな対話らしい対話をしたのは生まれてはじめてでした。ほんとに
問合せが来るんだ、人が行き交っているんだ、そんな温かみとでも言いましょうか、そんなものを感じ入り
ました。
・・・しかし、それから4ヶ月は問合せは来るものの、成約に結びつかない日々が続きました。ちょうど去年
の3月ぐらいでしょうか?私、とうとう直訴しましたね。
「私一人じゃ無理です。このままでは私の人件費だけ無駄。教育を受けさせてください。」そしたらです
ね、社長はそれまで私にまかせっきりでしたから何事も無いように、はいはい、FAX用紙に記入し始めて、
静かに教育先にFAXを流し込みます。「こういっていただけると助かります。」とは社長鈴木の言。これは
一種、”白旗”ですが、正しい決断、決しておごった言葉ではなく、”英断”だったと思います。皆様も、ど
うでしょうか、こんな状況、そこかしこに案外転がっているかも知れません。それをやり過ごさず、躊躇せず
”助け”を求めたほうが良いと思います。そこから、輝きを見出すか、それとも、またしばらく、先にも進め
ずそこで堂々巡りを繰り返すか、まったく投げ出してしまう状況になるかです。人は、良い子でいたいもので
す。常勝でいきたいです。しかし人は、それほど優秀ではないと思います。つらい、きつい状況で、弱音を吐
いても大いに結構じゃないですか。助けを求めるのは元より、助け合う人間世界として妥当で、普遍の行動で
あると信じています。恥、では無い。断じて!

私は永遠の、弱いものの味方でありたいと思う。

・・・そして、二人で秋葉原に行って教育を受けてきて、都内をちょっとうろついて、疲れましたねぇ、なんて
いって会社に戻ったらですね、FAXのところに「タイヤのホントの価格」注文の申込書が置いてありました。
最初のお客様です。ページを作って半年たってました。

社長鈴木は「2年は売り上げ上がらないだろう。」「そう簡単売れないよ。」といってましたから、感動して
ましたね。私も感動しました。ノウハウと物はあったが得体の知れない、まとまりも無かったものでした。しか
も売り込み先が同業他社の方々で、大きな企業様も居られ、具合の悪いところもあるのでは?と思ってましたか
ら。売れなくても、しょうがないかも、という気持ちはありましたね。

・・・でも、その反面、半年でも、ちょっとかかりすぎたかなぁって思いましたね。それ
はホームページに関してどこか捨てきれないものがあったんだと思うのですよ。画像、スクリプト、アニメーシ
ョン、そんな数年培った技術が岩上氏にほとんど否定されたんですね。「そんなの邪魔だ。」と。また、岩上氏
は私と同じエンジニアの出なんです。(しかもHP上で当初の私と同じ間違いをしていたそうです。綺麗に、デ
ザインを、無料プレゼント、何をやっても問合せなし。)私も機械語を何年にも亘って作ってきた人間ですから、
どこか譲れない、ライバルめいたものがあったんでしょうね。100%傾聴してたわけではなかったのです。
そんな勘違いと驕りのために、売れるものも売れなくしてしまった・・・悔やまれてなりません。

数字と実績を見比べればよかったのです。簡単に。つまらないこだわり等捨ててしまえばよかった。
片や、1000企業もの会員企業を持つ大成功者。片や、一人のお客様も連れてこれない失敗続きのダメダメ
ホームページ作成者。それだけ知っていれば、良かったのです。今の心境は、頼ってしまえ、ゆだねてしまえ、
です。数字挙げてる人に従うのが道理。時間も無駄にならず、売り上げも上がるわけです。

・・・・「テレビ出演ですか。・・・・あのう、つかぬ事をお聞きしますが、あなた、結婚相談所の方では?
”○バイ”とか。」電話の向こうから笑い声が聞こえます。
「いえいえ、まったくそういったものではありませんで。いかがでしょう、いまからFAX送信いたしますか
ら、お目を通していただきまして、折り返し電話いただけますか?」
「はい、それはよろしいのですが・・・。」
「はい?」私にはある疑念がありました。
「私どもの鈴木、何で知りました?」
「ええ、ホームページを見まして。可也苦労してらっしゃるとお伺いしたものですから・・・。」

その後、TBSの番組企画会社からも同様に出演依頼がありました。ホームページを見て問い合わせたそうです。
私たち、率直に信じてませんでした。こんなの嘘だよね、うん、とうなずき合って、丁寧に断りました。また、
女子アナとお見合い、というのもなにか気恥ずかしい内容でイヤだったのもありました。

1,2ヵ月後、社内の人間が、フジテレビの年末特番で、どこぞの御曹司が女子アナと見合いするやつやってた
よ、と言ってました。私はホントだったんだ、と思いながら、職場の人たちと、御曹司ってわけではないよねぇ、
と笑い合いました。(番組制作、企画会社が問合せをするきっかけを作ったページは、=>これです。)
当時は顔写真が掲載されていましたが、当人より、やめてくれ〜、と言われやむなく撤去いたしました。

言葉は、強く心に残る。画像、写真は、拙く忘れ去られる。それが反応を呼ぶHPの"Key"らしいです。

私が今HPを作成するに及び強く思うことは、人の強い思いとすばらしい姿を文章で表現出来、以って、冒頭の

人に輝きと潤いを与えられたら!・・・・至上の幸福なんです。

このHP内でも、もちろん、人を輝かそう!と思いコメントしたページは多いです。物、商品を表現するより、
人、その交歓、そういったものを前面に出し、以って、人を表舞台に立たせたい、私の思いはそれに尽きます。
またそういった行為が、大好きなんです。
(他社の紹介ページがその主だったものです。=>こちらをどうぞ。)

このなかで、実際にお会いした方はN商事のW専務だけです。特に紹介のページが大きい榎本様は、手紙とメー
ルをほんの2,3回交わしただけでしょうか。しかしながら、自筆のお手紙と、自社で展開している資料を頂き、
それに関して、しっかり感慨を述べなければ礼を失してる行為になりますし、それよりも、この資料の内容と、
彼女のお店を思う心に打ちのめされるような感動を覚えたからです(HPには工夫がありません。それだけは申
し訳なく思います・・・。私、お店の仕事、インターネットの対応、対策、ほとんど一人でやっています。
デザイン考える余力、無くなってます。)
大切な話を、お教えしますね。私どものページで、アクセス数が多いページを順に並べると、ちゃんと文章量が
多い順に並ぶようになっているんです。誤差はありますが、文章量の多いページほどお読みになられますね。
お客様紹介のページで1番読まれてるのは、Y石油店の1番長〜いページです。そして、2番目がやはりアクトジ
ャパン様のページですね。これは以外でした。

 私個人で、1番印象に残っている方は、静岡のT社様です。なぜならば、この方が、1番ドラマチックでした
から。2000件のポスティング、タイヤキャンペーン、タイヤを売り上げようと、必死のがんばりです。
・・・にもかかわらず、その日の成約、2件。身につまされますね。その日の状況目に浮かぶようです、つらか
ったでしょう・・・。しかしそれから4ヵ月後には、前年のタイヤ本数を2.5倍を上回る数字を!そのときの
歓喜は、一生の思い出になったでしょうね。私たちも、うれしかったです。こういった感動の実績が、明日の糧と、
なる。

 人を輝かす、と言って、泉田さん、という方がいらっしゃいます。椛D井総研という著名なコンサルタント会社
の副社長をやっておいでです。この方の話は、面白いです。まさに輝いてます。私この方のファンです。仕事も出
来て、実績も高く、何よりもこの方の話が面白いです。ニヤ、と笑う話ではないんです、どっ!と、会場が感動の
笑いに包まれるお話をされるんです。叡智が叡智を呼ぶ、と言いますのか、笑いが前面ですのか、とにかく織り成
す、です。カラーフル(まあ、色々と言うか派手と言いましょうか、そういった風な、比喩です。)なお話をなさ
います。泉田さんの話を聞いて、私は優秀になった、仕事が出来るようになった、・・・そんな風には私なってい
ません。泉田さんの話が好きなだけです。それで、いまはいいんです。いい部分は取り入れているつもりなのです
が、私は土台、感覚の男なので、その方法論より、このひといいなぁ、すごいなぁ、という部分で今は泉田さんの
方法を、後に楽しみに取っといてます。なぜって、今は岩上さんの方法で何とか、というところですから。あので
すね、私、泉田さんの営業でも、近しい間柄でもないです。ですから、誇張でなしに、この方の事すばらしいと言
ってます。現代は、つらく、暗いかもしれません。智に働いて角が立ち、情に棹差して流される。泉田さんは、智
に働き感銘を与え、情に訴えて救いの笑いを生みます。いまは、そんなことしかいえませんが、この方の話は、高
い営業レベルの人、機知に富む現代の人に賞賛を以って迎えられます。色々仕事で悩んでる方は、只笑えるだけで
も救いとなりはしませんでしょうか?その上、金剛石をちりばめた、とでも形容したい、珠玉の営業方法と大成功
の数々!ここでご案内してますよ、・・・の前に、私うれしいことがこのページにあったんです。一番最後のほう
にあるお客様の声、茨城の最北端から車をとばして行ったのは、誰あろう、社長鈴木と私です。いささかでも泉田
さんの紹介に華を添えられたかな、とやに下がるというよりは、有頂天な私なのです。

こちらをどうぞ。=>泉田さんの紹介ページ

言葉は生きています。社長鈴木の行動力と開発力が私の生きた言葉、感謝の言葉となり、泉田さんの叡智と感動の
笑いが、私の叡智と喜びの言葉となり、岩上さんの高い能力とパワーが私のHP道の言葉となり、榎本様のバイタ
リティーが私の巾の利いた言葉となり、静岡の方の落胆と歓喜のドラマが、私の一喜一憂の言葉と化します。

私は今後も人を描いていきたい。そこに輝きがあるのならば、常に光の差すほうへ。



(現在、HPへの問合せ数、380余の企業。

※あなたも自分を輝かしたい、(TV出演の話が来るとは限りませんが)いい出会いがほしい 380もの営業先がほしい、その他、ホームページに関すること、意見、苦言、何でもいいです。 お話ください。メールにて、お答えできる範囲でお答えいたします。
つきましては、お手数ですが下記にご記入下さい。(半角カナ文字入力不可) *伏せたい所は未記入でもかまいません。
御社名   
御SS名  (SSでない方は御職業をご記入ください。)
ふりがな  
御担当者名 必須
郵便番号 必須 (半角入力)
住所(必須)
市町村
TEL  (半角入力)
FAX  (半角入力)
e-mail (半角入力・無ければ結構です。)
URL
(半角入力・無ければ結構です。)


悩み事などございません?御質問・御要望でもいいです。(ご自由にどうぞ。)
(必須ではありません)
このボタンを押せば、入力項目がすべてクリアされます。
このボタンを押せば、 鈴木石油店へ連絡されます。ありがとうございました!!

〜ご連絡ありがとうございました。〜


(有)鈴木石油店 集客システム 田邊 勇
茨城県久慈郡大子町池田2609−6
п@:02957−2−0100
FAX :02957−2−0142

ホームページ制作・インターネットビジネス・メール書き方レクチャーページ
集客システム室 http://www.taiya-kakaku.com/sys/

戻る

インデックスページへ

メールください。    
タイヤ販売・タイヤ価格設定をサポートするガソリンスタンド
Copyright (C)2001 FUEL SHOP SUZUKI Corporation. All Rights Reserved.